検索
  • 店主

慣れと練習の果て

最終更新: 2019年11月5日

No Room For Squaresは夕方まで珈琲を出している。

豆は同じ下北沢にある珈琲屋 うずさんから仕入れている。

店主はどうしようもない人間であるので、勿論、珈琲を淹れる手ほどきなど受けていない。

昔の記憶を呼び起こしながら、ドリップの練習に勤しんではいる。


そんなある日、うずの店主が夕方に来店された。

そして、No Room For Squaresの素晴らしい珈琲を飲んだ後、ほんの少し興奮し、珈琲を淹れるシステムの手ほどきをしていただいた。



詳しくは言えないのだが、成程、と言わざるを得ない高説だった。

その後、他の客がいなかったので、カウンターに入り1杯ドリップをしていただいた。

No Room For Squaresのカフェタイムにお客が居ないことは、稀に良くある状況なのだ。



普段はネルドリップで淹れている、うずの店主。

ペーパードリップは7-8年ぶりだと、少し笑いながらドリップをしていく。

素晴らしい時間だった。

ケトルから落ちる湯は光に乱反射し、宝石のように輝く。

水滴を一定に落としながら、珈琲が少しずつ、しかし確実に変化していく。

4分ほどかけて、店主のとは見ただけで明らかに違う珈琲を淹れてしまった。



その後、ケトルの説明をしながら、うずの店主は一言こう言った。




「まぁ、慣れですよ」




店主はひどく驚いた。

違う。あの精確な水滴の落とし方や珈琲の状態を把握する感覚は数多くの"練習"を経ないと出来ないものだ。

うずの店主は、その"練習"や”試行錯誤”をすべて「慣れ」の一言で片付けてしまった。

練習とか大変とか、そういった感情は今までいだく事無く、今日まで到達したかのように。

店主も演奏をする嗜みが少しだけあるので、理解が出来る。

こういった苦労を苦労と思わず集中できる人こそ、本当に良いものを作り上げられるのだと。




素晴らしいうずの豆を一滴ずつ善く淹れられるように、今日もNo Room For Squaresにおいしい珈琲の香りを充満させる。



店主

62回の閲覧

最新記事

すべて表示

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

頭痛は痛いし、空は廻ってる

店主の思春期は、それはそれは暇だったもので、本を読む時間に殆どを使っていたと思う。(音楽は聴いていなかった) 今も昔も新書の類いは得意になれず、当時から古い純文学をなるべく時間をかけて読んでいた。 この頁達が最後までいってしまい、また暇になる事を恐れていたのかもしれない。 このような日々を過ごしていると、周りからは本好きと認知され、その前提で接してくる人も増えしまっていた。 私はそんな事をしたこと

不安というものは泥のようなものである。 店主が生まれ育った場所は名前は一応東京都であったが、歩いて数秒で鬱蒼とした森が広がるような場所だった。 小学校に馴染めない時は学校に行ったふりをして森で独り時間を過ぎる事を待っていた。 そういう意味でも店主の情操を育んだのはあの森だったのかもしれない。 ある日、雷雨が過ぎ去った天気の良い日。 雷が木に落ちて倒れていた。かなりの大木だったと思う。 なんとなし

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares