検索
  • 店主

No Room For Squaresと云う店がある

No Room For Squaresと云う店は昼すぎから開けている。

具体的な時間だと、14時からだ。

深夜2時まで開けているので、メインは18時からのバータイム。

このカフェタイムの営業は店主の趣味に近い。

独りで掛けたいものを掛けるだけの時間だ。



だからなのか、お客は少ない。

いや、お客が少ないからやりたい放題しているのか。どちらなのだろうか。

その間も店主としてやらなければならない事が多少なりともあり、何かしらの作業をしているので構わないのだが…。



どうしても茶を引く時間が長いと余計な事を考えてしまう事がある。



そんな時に考えている事を、忘備録として書き記す場所として、この"逃げ場"を用意した。

ここだけは頭の固い話も許す場所としよう。



度々更新されているようだったら「店は暇なんだな」と様子を見に来ていただけると有り難い。



店主

86回の閲覧

最新記事

すべて表示

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

頭痛は痛いし、空は廻ってる

店主の思春期は、それはそれは暇だったもので、本を読む時間に殆どを使っていたと思う。(音楽は聴いていなかった) 今も昔も新書の類いは得意になれず、当時から古い純文学をなるべく時間をかけて読んでいた。 この頁達が最後までいってしまい、また暇になる事を恐れていたのかもしれない。 このような日々を過ごしていると、周りからは本好きと認知され、その前提で接してくる人も増えしまっていた。 私はそんな事をしたこと

不安というものは泥のようなものである。 店主が生まれ育った場所は名前は一応東京都であったが、歩いて数秒で鬱蒼とした森が広がるような場所だった。 小学校に馴染めない時は学校に行ったふりをして森で独り時間を過ぎる事を待っていた。 そういう意味でも店主の情操を育んだのはあの森だったのかもしれない。 ある日、雷雨が過ぎ去った天気の良い日。 雷が木に落ちて倒れていた。かなりの大木だったと思う。 なんとなし

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares