検索
  • 店主

No Room For Squaresと云う店がある

No Room For Squaresと云う店は昼すぎから開けている。

具体的な時間だと、14時からだ。

深夜2時まで開けているので、メインは18時からのバータイム。

このカフェタイムの営業は店主の趣味に近い。

独りで掛けたいものを掛けるだけの時間だ。



だからなのか、お客は少ない。

いや、お客が少ないからやりたい放題しているのか。どちらなのだろうか。

その間も店主としてやらなければならない事が多少なりともあり、何かしらの作業をしているので構わないのだが…。



どうしても茶を引く時間が長いと余計な事を考えてしまう事がある。



そんな時に考えている事を、忘備録として書き記す場所として、この"逃げ場"を用意した。

ここだけは頭の固い話も許す場所としよう。



度々更新されているようだったら「店は暇なんだな」と様子を見に来ていただけると有り難い。



店主

94回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

善い人の生

良く"死ぬ時は良い人生だったなぁ"と思って逝きたいという話を聞く。 良い人生とは何か。店主はよくわからない。 多分、ずっとわからないのだと思う。そんな気がするのだ。 だから、店主は死ぬ時まで頑張った人生だったと思いながら逝きたい。 どれだけ辛い事があろうと、どれだけ人に笑われやうと、頑張り続けて終わりたい。 店主

食べたもの

店主は同世代と過ごした期間があまりない為、「想い出の音楽」という記憶が少ない。 たぶん、浜崎あゆみとか、えーと、なんだ? スマップとか流行っていたっけ? そもそも音楽でご飯を喰う(と広義で言っていいと思う)とは思ってもいなかったもので、大学入ってからの音楽体験が店主のバックボーンであるのだと思う。 そう思って32年間生きてきている。いや、いた。 何でそんな話をしているのかというと、つい先日それが揺

外に、外に

昔から帰属意識が嫌いだった。 学校も、家も、帰る場所としての機能は無かった。 だからこそ、近しい人の意見に左右される事なく今までやってこれた。 もし、居心地の良い椅子が目の前にあったとしても、その椅子から立たなければならない。 或る人が、私ではない人に言っていた言葉が強く刺さる。 "居心地の悪い所にいる事は大切なことだよ" No Room For Squaresは動く事が出来ない。 だけれど、精神