検索
  • 店主

渡しと私

私はアンティークが好きだ。

古いから良い、とかそう言った訳ではない。

顔も名前も無い過去の誰かの仕事に触れる事で、その時代にその人が存在していた証左を見ることが出来るからだ。


開店以来お店に出ずっぱりだったので映画を観に行った。

"ある船頭の話"と言う映画だ。

とても良い映画だった。

映画を観てから、先程の事をよく考える。



船頭のトイチが生きた時代は、それこそ世が便利になる時代であった。そして自身が必要となくなる時代であったのであろう。

時代が変わると生き方も変えなければならない。

それは川上から川下に下る水流が停滞しても、登ってもいけないように。

しかし、彼自身は流れていく筈の少女を拾い、時代と言う流れから立ち止まってしまった。


渡しと言う職業は現在も伝統的なものとして残っている。

文化的なものとして観光資産として、重用されている産業であろう。

だが、渡しと言う仕事が今も脈々と受け継がれている事に彼は喜びを覚えるのだろうか。


仕方なしに仕事をし、仕方なしに廃業する。

そういった人は数多くいたのであろう。

名前も残らず、記憶にも残らずに消えていった人達は、その職業に対して何を思っていったのであろうか。


トイチは最期に川を上っていく。

その先の物語は無いのだろう。

そして、時代と共に川下へ流れゆく人々を振り向く事もないのだろう。


名も無き人達がどう生きて、どう死んでいったのかを感じられる機会は意外と少ないのでは無いだろうか。

No Room For Squaresはそのような、時代に取り残されて残ったものが沢山あり、毎日人々を照らしている。


私はそんな店の店主になってしまった。

トイチが少女を拾った行為と変わらない行為なのかもしれない。

私は、この職が必要にならなくなった時代では、何を思うのだろうか。



帰り際に、劇中曲のLPを購入した。

タイトルは

They Say Nothing Stays the Same.


店主

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

善い人の生

良く"死ぬ時は良い人生だったなぁ"と思って逝きたいという話を聞く。 良い人生とは何か。店主はよくわからない。 多分、ずっとわからないのだと思う。そんな気がするのだ。 だから、店主は死ぬ時まで頑張った人生だったと思いながら逝きたい。 どれだけ辛い事があろうと、どれだけ人に笑われやうと、頑張り続けて終わりたい。 店主

食べたもの

店主は同世代と過ごした期間があまりない為、「想い出の音楽」という記憶が少ない。 たぶん、浜崎あゆみとか、えーと、なんだ? スマップとか流行っていたっけ? そもそも音楽でご飯を喰う(と広義で言っていいと思う)とは思ってもいなかったもので、大学入ってからの音楽体験が店主のバックボーンであるのだと思う。 そう思って32年間生きてきている。いや、いた。 何でそんな話をしているのかというと、つい先日それが揺

外に、外に

昔から帰属意識が嫌いだった。 学校も、家も、帰る場所としての機能は無かった。 だからこそ、近しい人の意見に左右される事なく今までやってこれた。 もし、居心地の良い椅子が目の前にあったとしても、その椅子から立たなければならない。 或る人が、私ではない人に言っていた言葉が強く刺さる。 "居心地の悪い所にいる事は大切なことだよ" No Room For Squaresは動く事が出来ない。 だけれど、精神