検索
  • 店主

その日常

待つ、という言葉がある。

店主はいつからか、待つ事が好きな人間になっていた。

学生の時分はあんなにせっかちであったのに。



この待つという言葉を解体すると、"道の途中で、何かをもっている人"といった意味がある、らしい。

つまりは待つ側の人間は"何かをもっている"必要がある。


その話が本当だと、"待つ"事とは暇な時間を潰す行為と異なる事なのだろう。


何かを待つ時、もし待った先にあるものが同じものだとしても、その待ち方によって違うものになるのかも知れない。

そういった、可能性の塊が待つ事なのだ。


その時に備えて、その時を想い、その為に準備をする。

こんなに心躍る行為は中々無い。



店主はその喜びの為に、今日も独り"待つ"


その時が来ることを信じて。









カチャリ











店主

26回の閲覧

©2019 No Room For Squares