検索
  • 店主

言の葉に乗せる思い

お店を開けてから、文章を綴る事が圧倒的に増えている。

お店の宣伝文、各種SNSの投稿、お客様への返信、ミュージシャンとの連絡、取引先との連絡、そしてこの雑文...はどうでも良いものだけれど。


今までは誰に見せることなく、その時感じ取った何かを文章に認めて、そのまま捨てるようなことばかりであったので、人に見られるものを書くことの大変さを今更実感している。

一番大変な作業が、感情を入れる作業だ。


No Room For Squaresは情報以上のモノを込めないと人々が入れないような作りになってしまっているので、店主の想いを乗せる必要がある。

その時に必要なのが、きっと第三者的俯瞰視点であると思うのだが、今まで人に見せるものを綴っていなかったからか、店主は圧倒的にその能力が低い。

自身の中で幼児的な侃々諤々を繰り返すのだが、それに奪われる体力と時間が著しく大きいようだ。中々難儀なものである。

そんな四苦八苦をしていると、日本はどのように言葉に思いを乗せていたかを考える。



そういえば、そうだ。

日本は長らく言語と文語が一致していなかったのだ。

言文一致運動から100年とそこらの時代が現代なのだ。

店主が学生の時分、古の歌集をよく読んでいた時は、その文語からありありとその感情が浮かんで見えた。


あぁ、この想いを乗せるための言葉だったのか。


あの時から干支が1週回った今、文語の必要性をここで確信するとは思わなかった。

苦しみの中に、喜びを想う。

今日は善い日になりそうだ。


そんな、どうでも良いことを考えている内に時間は淡々と過ぎていった。

はやくツイートをしなければ...。


店主

35回の閲覧

最新記事

すべて表示

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

頭痛は痛いし、空は廻ってる

店主の思春期は、それはそれは暇だったもので、本を読む時間に殆どを使っていたと思う。(音楽は聴いていなかった) 今も昔も新書の類いは得意になれず、当時から古い純文学をなるべく時間をかけて読んでいた。 この頁達が最後までいってしまい、また暇になる事を恐れていたのかもしれない。 このような日々を過ごしていると、周りからは本好きと認知され、その前提で接してくる人も増えしまっていた。 私はそんな事をしたこと

不安というものは泥のようなものである。 店主が生まれ育った場所は名前は一応東京都であったが、歩いて数秒で鬱蒼とした森が広がるような場所だった。 小学校に馴染めない時は学校に行ったふりをして森で独り時間を過ぎる事を待っていた。 そういう意味でも店主の情操を育んだのはあの森だったのかもしれない。 ある日、雷雨が過ぎ去った天気の良い日。 雷が木に落ちて倒れていた。かなりの大木だったと思う。 なんとなし

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares