top of page
検索
  • 執筆者の写真店主

朝起きる。

いや、もう昼だ。裏のから子供達の遊び声が聞こえる。

風呂に入り歯を磨き、支度もそこそこに外に出る。

もう幾分か涼しくなったようだ。

店につき、納品や掃除を終わらせ銀行に行き、飯を喰らう。開店時間が迫る。

あぁ、今日はメニューを変えたかった。

氷屋も来るから間に合わないか。


店に戻りレジ金の確認をする。

開店5分前だ。

看板を階下へ降ろす。

看板を置きたい場所に外国の方が居る。

少し笑顔で"ごめんなさい"と断り置かせて貰う。

店に上がり、Twitterにあげる開店ツイートの写真を撮る。


もう一度、

周りを見渡す。










今日も何とか間に合った。


一呼吸入れ、後ろを見る。









そこには一筋の虹がみえる。






店を見守るHank Mobleyの横に、うっすらと。


虹は昼にしか見る事が出来ない。

この虹を独りで見る事が出来る特権を持つ事を少しばかり誇りに思い、今日も客を待つ。


店主


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10

25歳の時に、どうやっても人生が上手くいかず、もうやめようとしていた。 それも上手くいかず、どうしたものかと途方に暮れていた。 何も解決されないまま日々が過ぎ、一つ決め事を作った。 10年だけ、頑張ろう。 10年は遠い未来だ。そこまで頑張れば満足してゴールすることが出来るだろう。と思う事にした。 どれだけ大変な事があろうと、10年は這いつくばって人生に縋ろう。 25の時の絶望がちっぽけに思える程、

久方ぶりに遠出をする。 半径1キロ以内で生活している私にとっては乗り換え一つするだけでも遠出な気持ちだ。 店を開けてから数年、随分幼い感覚になったものである。 遠出をするという事実に気持ちが昂り過ぎて持ってくるはずの小説を忘れてしまった。 少しどんよりとした雲を涼しい場所から眺めては、あの話の展開について思いを馳せる。 そんなことをしていると、両の眼から入ってくる情報は脳に届かずに体内で悲しく彷徨

善い人の生

良く"死ぬ時は良い人生だったなぁ"と思って逝きたいという話を聞く。 良い人生とは何か。店主はよくわからない。 多分、ずっとわからないのだと思う。そんな気がするのだ。 だから、店主は死ぬ時まで頑張った人生だったと思いながら逝きたい。 どれだけ辛い事があろうと、どれだけ人に笑われやうと、頑張り続けて終わりたい。 店主

Comentários


bottom of page