検索
  • 店主

朝起きる。

いや、もう昼だ。裏のから子供達の遊び声が聞こえる。

風呂に入り歯を磨き、支度もそこそこに外に出る。

もう幾分か涼しくなったようだ。

店につき、納品や掃除を終わらせ銀行に行き、飯を喰らう。開店時間が迫る。

あぁ、今日はメニューを変えたかった。

氷屋も来るから間に合わないか。


店に戻りレジ金の確認をする。

開店5分前だ。

看板を階下へ降ろす。

看板を置きたい場所に外国の方が居る。

少し笑顔で"ごめんなさい"と断り置かせて貰う。

店に上がり、Twitterにあげる開店ツイートの写真を撮る。


もう一度、

周りを見渡す。










今日も何とか間に合った。


一呼吸入れ、後ろを見る。









そこには一筋の虹がみえる。






店を見守るHank Mobleyの横に、うっすらと。


虹は昼にしか見る事が出来ない。

この虹を独りで見る事が出来る特権を持つ事を少しばかり誇りに思い、今日も客を待つ。


店主


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

善い人の生

良く"死ぬ時は良い人生だったなぁ"と思って逝きたいという話を聞く。 良い人生とは何か。店主はよくわからない。 多分、ずっとわからないのだと思う。そんな気がするのだ。 だから、店主は死ぬ時まで頑張った人生だったと思いながら逝きたい。 どれだけ辛い事があろうと、どれだけ人に笑われやうと、頑張り続けて終わりたい。 店主

食べたもの

店主は同世代と過ごした期間があまりない為、「想い出の音楽」という記憶が少ない。 たぶん、浜崎あゆみとか、えーと、なんだ? スマップとか流行っていたっけ? そもそも音楽でご飯を喰う(と広義で言っていいと思う)とは思ってもいなかったもので、大学入ってからの音楽体験が店主のバックボーンであるのだと思う。 そう思って32年間生きてきている。いや、いた。 何でそんな話をしているのかというと、つい先日それが揺

外に、外に

昔から帰属意識が嫌いだった。 学校も、家も、帰る場所としての機能は無かった。 だからこそ、近しい人の意見に左右される事なく今までやってこれた。 もし、居心地の良い椅子が目の前にあったとしても、その椅子から立たなければならない。 或る人が、私ではない人に言っていた言葉が強く刺さる。 "居心地の悪い所にいる事は大切なことだよ" No Room For Squaresは動く事が出来ない。 だけれど、精神