検索
  • 店主

不安というものは泥のようなものである。 店主が生まれ育った場所は名前は一応東京都であったが、歩いて数秒で鬱蒼とした森が広がるような場所だった。


小学校に馴染めない時は学校に行ったふりをして森で独り時間を過ぎる事を待っていた。

そういう意味でも店主の情操を育んだのはあの森だったのかもしれない。



ある日、雷雨が過ぎ去った天気の良い日。 雷が木に落ちて倒れていた。かなりの大木だったと思う。


なんとなしにそこに座りたくなり、道なき道を進んでいった。


大木であったものに到着する直前に足に重いものがまとわりついた。

今思えば泥濘程度のものであっただろう。

しかし、齢が十にみたない少年は、底なし沼に足を踏み入れたように感じた。


恐怖を覚え必死に足を前に出すと、ズボっと足が抜けた。

靴は泥濘の中だ。

それを拾う事すらできないほどの恐怖を覚えていたのだろう、そのまま走って大木であったものへと走った。



大木、であったものは縦に裂けていた。父よりも生きているであろうモノが一日にして死んだことに、幼心ながら大きな衝撃を覚えた、と思う。


木陰に座り足元を見ると泥だらけだ。

靴もない。


このままでは、親には何が起きたか聞かれるだろうし、学校にも問合せされるかもしれない。

これからどうしようか...。


店主が覚えている最初の不安の記憶だ。




今PCでこれを認めている足元にも泥の泥濘が見える。


もう𠮟ってくれる人はいない。

だから、自分で必死に足を上げて泥濘を超えなければならない。


その先にあるものが確かなものだと信じるしかない。

55回の閲覧

最新記事

すべて表示

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

頭痛は痛いし、空は廻ってる

店主の思春期は、それはそれは暇だったもので、本を読む時間に殆どを使っていたと思う。(音楽は聴いていなかった) 今も昔も新書の類いは得意になれず、当時から古い純文学をなるべく時間をかけて読んでいた。 この頁達が最後までいってしまい、また暇になる事を恐れていたのかもしれない。 このような日々を過ごしていると、周りからは本好きと認知され、その前提で接してくる人も増えしまっていた。 私はそんな事をしたこと

We are..

We Are One No matter how we look We are family No matter what language We are family No matter what gender We are family No matter what age We are family No matter what country One planet We belong to

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares