検索
  • 店主

念願

念願なんですね。



お店を開けて3週間で良く聞く言葉だ。

その時は皆一様に店内を一周ぐるりと見渡した後に仰る。

素直に嬉しく思う反面、念願という言葉の意味をその度に考える。



確かに、ジャズ屋の親父になりたいと思ったのは21歳の頃だったので10年越しの想いではあった。

だが、その時は当時のパートナーと"結婚して一緒にお店をやる"事を考えていたので、色々と状況が変容して独り身の今になっては、その願いを叶える事にはなってない。

そう言った選択が出来なかった事、過去の自分にすまなくは思っている。


では、何故ジャズ屋の親父になったのか。

…暫し考えるが、適切な答えは出ない。


こう言ってしまうと、どう取られてしまうか解らないが、色々な事柄を経て行き着いた先な気もする。

そう意味ではジャズ屋の親父に"なってしまった"といった表現が正しいようだ。


ここから何が起こるのか、検討もつかないけれど。何かが少しずつ良くなれば言うことは無い。



そう考えると

私の念願はまだ先にあるようである。


店主

60回の閲覧

最新記事

すべて表示

明るい部屋

No Room For Squaresの照明は白熱電球で出来ている。 今のご時世、LEDにすればいいものも、調光した時の色合いは代えがたいもので、余計な維持費を払いながら白熱電球を照らしている。 とはいっても、彼らの本領を発揮するのは深夜2時から1時間と、昼ごろだ。 つまり、お店を閉めた後である。 一番明るい時間帯で半分ほどの光量、一番暗いときは3割ほどだ。 No Room For Square

目を覚ます

疲れていたからか携帯電話は充電しておらず、電池が切れていた。 見回しても時計は無い事は知っている(家主はそういう人間だもの)。 ゴソゴソ、と携帯電話をアウトレットに繋げる。彼が起きるまでもう少し時間が必要だ。 まだ、暗い。 少し寒さを覚える。 衣替えという概念も無く一年を過ごしているので、我慢するしか無い。 外が騒々しい。 雨が降っているのかも知れない。 風が強いのかも知れない。 誰かに戸を叩かれ

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares