検索
  • 店主

響くもの

最終更新: 2019年11月8日

No Room For Squaresには180種ほどのお酒を揃えている。そして、900枚ほどのレコードも揃えている。 店主が最終的にNo Room For Squaresで行いたいことは、このマリアージュなんだろうと最近は思う。 お酒と食事のマリアージュは、昨今というか、もっと前より注目されているが、空間とお酒もマリアージュ出来ないのだろうか。店主が学生の時分であったとき、一日中聞きこんでいた曲を聞くと当時の記憶がありありと呼び起こされる。記憶とその時の体験は必ずリンクしている。 目の前のお酒と響く音楽がマッチし、心地よい記憶が呼び覚ます。そんな体験がNo Room For Squaresで起こるのならば、言うことはない。 9月中頃に開業し、ひと月とすこし。先日、それに近いことが起きた。 平日は店主がLPをかけ、バーテンダーがお酒を提供している。お客様も引き始めた深夜すぎ、ジャズに精通しているとても穏やかなお客様が現れた。

他のお客様の兼ね合いもありながらの選曲、次はどうしようか。

彼が何を飲んでいるのかを確認するとバーボンのハイボールだった。


深夜も過ぎた。そろそろ少しずつ店の雰囲気を落ち着かせたいが...。 私は秋吉敏子 Hopeから Bill Evans Undercurrentへと繋ごうとしていた。

彼の目の前にある杯が乾き、次の一杯が作られている。SpringBank 15年のロックのようだ。

タイミングが良い。

その一杯と同時に音楽が変わるよう、店主はBill Evansに盤を映した。



そうすると、その方は少し悲しげな表情を浮かべながら、杯を覗き込んでいた。


お話を聞くと、SpringBankが好きで、尚且つBill Evansを敬愛している方の想い出話をしていただいた。もう、その方と会うことは叶わない。

その記憶が、お酒と音楽によってNo Room For Squaresで呼び覚まされることになったのだ。


No Room For Squaresでのお酒とレコードの組み合わせは約16万2000通りだ。 ちょっとした奇跡のようなものを感じながら、今日もそれが起こる事を祈って針を落とす。 店主

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

頭痛は痛いし、空は廻ってる

店主の思春期は、それはそれは暇だったもので、本を読む時間に殆どを使っていたと思う。(音楽は聴いていなかった) 今も昔も新書の類いは得意になれず、当時から古い純文学をなるべく時間をかけて読んでいた。 この頁達が最後までいってしまい、また暇になる事を恐れていたのかもしれない。 このような日々を過ごしていると、周りからは本好きと認知され、その前提で接してくる人も増えしまっていた。 私はそんな事をしたこと

不安というものは泥のようなものである。 店主が生まれ育った場所は名前は一応東京都であったが、歩いて数秒で鬱蒼とした森が広がるような場所だった。 小学校に馴染めない時は学校に行ったふりをして森で独り時間を過ぎる事を待っていた。 そういう意味でも店主の情操を育んだのはあの森だったのかもしれない。 ある日、雷雨が過ぎ去った天気の良い日。 雷が木に落ちて倒れていた。かなりの大木だったと思う。 なんとなし

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares