検索
  • 店主

開演直前

開演直前の緊張感が店主はとても好きだ。

ざわめく客席(ざわめく程居ない時もあるが。)、パッァ.とスポットライトが燈る。

スゥーっと止む人の声、のそのそとステージにあがる高揚感。

何かが起こるような、そんな気持ち。

やはり、とても好きだ。



お店でレコードを流しているとそういった瞬間が幾度も訪れる。


ある程度ざわついた客席。レコードが終わる。

No Room For Squaresはターンテーブルが一つしかないので、次のレコードを準備していても30秒ほどは無音の状態になる。

新たなレコードの針を落とす。すぐに音楽は始まらない。

店内の状況をよく観察しながら、右手でボリュームの正解を探る。

店内の緊張感が少しだけ高まる。

やっと、一音目が鳴る。それはドラムのバスなのか、ピアノの和音なのか、はたまた管楽器のソロなのか…。



一瞬数人の視線がこちらに向けられる。

ゆっくりとジャケットを表に出す。

各々の目にはそのジャケットがありありと映る。


自身の思い描いたレコードとの答え合わせをする目。

未知の何かを見つけた時の高揚感が満ち溢れた目。


各々の目の色がこちらに反射する。




その時の高揚感は、ライブ前のあの高揚感によく似ている。気がする。




ある人にとっては、今日最後に聴くレコードかもしれない。

ある人にとっては、疲れた一日を癒す最初のレコードかもしれない。

そんな、各々の想いには関係なく、皆一様に二十数分同じレコードを聴き続ける。




文字にしてみると、レコードを変える仕事は、中々大変なものなのかもしれない。

そんな大それたものでは無いと思っていたのだが…。

まぁ、自身の仕事を卑下するよりは誇りに思った方が、幾分かマシだろうから、良しとしよう。




そんな事をボーっと考えているうちにレコードがもう終わる。

次のレコードの予定は未定だ。




店主

42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

善い人の生

良く"死ぬ時は良い人生だったなぁ"と思って逝きたいという話を聞く。 良い人生とは何か。店主はよくわからない。 多分、ずっとわからないのだと思う。そんな気がするのだ。 だから、店主は死ぬ時まで頑張った人生だったと思いながら逝きたい。 どれだけ辛い事があろうと、どれだけ人に笑われやうと、頑張り続けて終わりたい。 店主

食べたもの

店主は同世代と過ごした期間があまりない為、「想い出の音楽」という記憶が少ない。 たぶん、浜崎あゆみとか、えーと、なんだ? スマップとか流行っていたっけ? そもそも音楽でご飯を喰う(と広義で言っていいと思う)とは思ってもいなかったもので、大学入ってからの音楽体験が店主のバックボーンであるのだと思う。 そう思って32年間生きてきている。いや、いた。 何でそんな話をしているのかというと、つい先日それが揺

外に、外に

昔から帰属意識が嫌いだった。 学校も、家も、帰る場所としての機能は無かった。 だからこそ、近しい人の意見に左右される事なく今までやってこれた。 もし、居心地の良い椅子が目の前にあったとしても、その椅子から立たなければならない。 或る人が、私ではない人に言っていた言葉が強く刺さる。 "居心地の悪い所にいる事は大切なことだよ" No Room For Squaresは動く事が出来ない。 だけれど、精神

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares