検索
  • 店主

開演直前

開演直前の緊張感が店主はとても好きだ。

ざわめく客席(ざわめく程居ない時もあるが。)、パッァ.とスポットライトが燈る。

スゥーっと止む人の声、のそのそとステージにあがる高揚感。

何かが起こるような、そんな気持ち。

やはり、とても好きだ。



お店でレコードを流しているとそういった瞬間が幾度も訪れる。


ある程度ざわついた客席。レコードが終わる。

No Room For Squaresはターンテーブルが一つしかないので、次のレコードを準備していても30秒ほどは無音の状態になる。

新たなレコードの針を落とす。すぐに音楽は始まらない。

店内の状況をよく観察しながら、右手でボリュームの正解を探る。

店内の緊張感が少しだけ高まる。

やっと、一音目が鳴る。それはドラムのバスなのか、ピアノの和音なのか、はたまた管楽器のソロなのか…。



一瞬数人の視線がこちらに向けられる。

ゆっくりとジャケットを表に出す。

各々の目にはそのジャケットがありありと映る。


自身の思い描いたレコードとの答え合わせをする目。

未知の何かを見つけた時の高揚感が満ち溢れた目。


各々の目の色がこちらに反射する。




その時の高揚感は、ライブ前のあの高揚感によく似ている。気がする。




ある人にとっては、今日最後に聴くレコードかもしれない。

ある人にとっては、疲れた一日を癒す最初のレコードかもしれない。

そんな、各々の想いには関係なく、皆一様に二十数分同じレコードを聴き続ける。




文字にしてみると、レコードを変える仕事は、中々大変なものなのかもしれない。

そんな大それたものでは無いと思っていたのだが…。

まぁ、自身の仕事を卑下するよりは誇りに思った方が、幾分かマシだろうから、良しとしよう。




そんな事をボーっと考えているうちにレコードがもう終わる。

次のレコードの予定は未定だ。




店主

38回の閲覧

最新記事

すべて表示

明るい部屋

No Room For Squaresの照明は白熱電球で出来ている。 今のご時世、LEDにすればいいものも、調光した時の色合いは代えがたいもので、余計な維持費を払いながら白熱電球を照らしている。 とはいっても、彼らの本領を発揮するのは深夜2時から1時間と、昼ごろだ。 つまり、お店を閉めた後である。 一番明るい時間帯で半分ほどの光量、一番暗いときは3割ほどだ。 No Room For Square

目を覚ます

疲れていたからか携帯電話は充電しておらず、電池が切れていた。 見回しても時計は無い事は知っている(家主はそういう人間だもの)。 ゴソゴソ、と携帯電話をアウトレットに繋げる。彼が起きるまでもう少し時間が必要だ。 まだ、暗い。 少し寒さを覚える。 衣替えという概念も無く一年を過ごしているので、我慢するしか無い。 外が騒々しい。 雨が降っているのかも知れない。 風が強いのかも知れない。 誰かに戸を叩かれ

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares