検索
  • 店主

頭痛は痛いし、空は廻ってる

店主の思春期は、それはそれは暇だったもので、本を読む時間に殆どを使っていたと思う。(音楽は聴いていなかった)


今も昔も新書の類いは得意になれず、当時から古い純文学をなるべく時間をかけて読んでいた。

この頁達が最後までいってしまい、また暇になる事を恐れていたのかもしれない。



このような日々を過ごしていると、周りからは本好きと認知され、その前提で接してくる人も増えしまっていた。

私はそんな事をしたこともないのに、言葉の間違いを指摘されそうで怖いとも言われた事が何度もある。

別に、なんでもいいのに。



よく"間違った日本語"というジャンルを作る人がいる。

頭痛は痛がってはいけないし、全然はあってはいけないし、違和感は感じてはいけない。そういった言葉だ。

この間違った日本語、と言うものを店主はある種の愛を持って接している。


なぜ、頭痛は痛がってはいけないのだろう?同じ文字を重複するのが駄目ならば、なぜ々という文字が存在するのだろうか。

代々木は代木が正解で、正々堂々は正堂が正解で、久々は久と言わなければいけないのでは無いだろうか。

おそらく人生の中で"その言葉、おかしいですよ"と言われ、おかしいという常識を植え付けられているのだろう。

その指摘こそ、胡乱なものかもしれないのに。


店主が空手を習っていたとき、大会中に右手と右足を同時に出して行進していた事があった。勿論、皆に笑われて父親からは拳骨を貰った。

とても恥ずかしかった事を覚えている。

でも、あの時の自然がその歩き方だったのだから、いいじゃないかと今は思っている。


人の不勉強を笑う知恵者より、自然な間違えをする白痴の方が美しい、のかもしれない。

今日は涼しかったので、何かから逃げるように外のベンチに座って夜空をぼーっと眺めていた。明らかに空は廻っていた。地球は廻っていなかった。


それが嘘でも。それでいいのではないだろうか。



嗚呼、今日は本当に仕事に追われていて、こんな事を書いている場合ではないのだ。




頭痛が痛い。




56回の閲覧

最新記事

すべて表示

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

不安というものは泥のようなものである。 店主が生まれ育った場所は名前は一応東京都であったが、歩いて数秒で鬱蒼とした森が広がるような場所だった。 小学校に馴染めない時は学校に行ったふりをして森で独り時間を過ぎる事を待っていた。 そういう意味でも店主の情操を育んだのはあの森だったのかもしれない。 ある日、雷雨が過ぎ去った天気の良い日。 雷が木に落ちて倒れていた。かなりの大木だったと思う。 なんとなし

We are..

We Are One No matter how we look We are family No matter what language We are family No matter what gender We are family No matter what age We are family No matter what country One planet We belong to

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares