検索
  • 店主

目を覚ます



疲れていたからか携帯電話は充電しておらず、電池が切れていた。

見回しても時計は無い事は知っている(家主はそういう人間だもの)。

ゴソゴソ、と携帯電話をアウトレットに繋げる。彼が起きるまでもう少し時間が必要だ。


まだ、暗い。


少し寒さを覚える。

衣替えという概念も無く一年を過ごしているので、我慢するしか無い。



外が騒々しい。

雨が降っているのかも知れない。

風が強いのかも知れない。


誰かに戸を叩かれているようだ。


おーい。おーい。


そんな声も聞こえる。



眠け眼で窓をゆっくりと開けると、そこには大きな木がポツンとたっていた。


お前が呼んだのか?

答えはない。


何かあったのか?

答えはない。


私は眠いのだ。

答えははない。


では、閉めるぞ。また何かあったら呼んでくれ。

答えはない。


扉をピシャリと閉めて、天井を見上げる。

彼の声はもう聞こえない。

私なんかで満足したのだろうか。


まだあと少し眠れるはずだ。


ゆっくりと呼吸を吐いて、一言言いたくなる。


"お休みなさい"


59回の閲覧

最新記事

すべて表示

明るい部屋

No Room For Squaresの照明は白熱電球で出来ている。 今のご時世、LEDにすればいいものも、調光した時の色合いは代えがたいもので、余計な維持費を払いながら白熱電球を照らしている。 とはいっても、彼らの本領を発揮するのは深夜2時から1時間と、昼ごろだ。 つまり、お店を閉めた後である。 一番明るい時間帯で半分ほどの光量、一番暗いときは3割ほどだ。 No Room For Square

一念

一念の消費期限はいつなのだろうか。 我らが相棒、広辞苑を開くとこう教えてくれる。 ①心に深く思うこと。一筋に思うこと。また、その心。源氏物語横笛「この世にて数に思ひ入れぬことも、かの今はのとぢめに―のうらめしきにも」 一筋に思うこと、 心に深く思うこと、 それはいつ終わるのだろうか。 例えば、愛のような心の深い部分に作用するものだって、契約を交わしても35%の人々は終わりを迎えし、3年で覚めるとい

頭痛は痛いし、空は廻ってる

店主の思春期は、それはそれは暇だったもので、本を読む時間に殆どを使っていたと思う。(音楽は聴いていなかった) 今も昔も新書の類いは得意になれず、当時から古い純文学をなるべく時間をかけて読んでいた。 この頁達が最後までいってしまい、また暇になる事を恐れていたのかもしれない。 このような日々を過ごしていると、周りからは本好きと認知され、その前提で接してくる人も増えしまっていた。 私はそんな事をしたこと

特定商取引法に基づく表記

©2020 No Room For Squares