top of page
検索
  • 執筆者の写真店主

目を覚ます



疲れていたからか携帯電話は充電しておらず、電池が切れていた。

見回しても時計は無い事は知っている(家主はそういう人間だもの)。

ゴソゴソ、と携帯電話をアウトレットに繋げる。彼が起きるまでもう少し時間が必要だ。


まだ、暗い。


少し寒さを覚える。

衣替えという概念も無く一年を過ごしているので、我慢するしか無い。



外が騒々しい。

雨が降っているのかも知れない。

風が強いのかも知れない。


誰かに戸を叩かれているようだ。


おーい。おーい。


そんな声も聞こえる。



眠け眼で窓をゆっくりと開けると、そこには大きな木がポツンとたっていた。


お前が呼んだのか?

答えはない。


何かあったのか?

答えはない。


私は眠いのだ。

答えははない。


では、閉めるぞ。また何かあったら呼んでくれ。

答えはない。


扉をピシャリと閉めて、天井を見上げる。

彼の声はもう聞こえない。

私なんかで満足したのだろうか。


まだあと少し眠れるはずだ。


ゆっくりと呼吸を吐いて、一言言いたくなる。


"お休みなさい"


閲覧数:91回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10

25歳の時に、どうやっても人生が上手くいかず、もうやめようとしていた。 それも上手くいかず、どうしたものかと途方に暮れていた。 何も解決されないまま日々が過ぎ、一つ決め事を作った。 10年だけ、頑張ろう。 10年は遠い未来だ。そこまで頑張れば満足してゴールすることが出来るだろう。と思う事にした。 どれだけ大変な事があろうと、10年は這いつくばって人生に縋ろう。 25の時の絶望がちっぽけに思える程、

久方ぶりに遠出をする。 半径1キロ以内で生活している私にとっては乗り換え一つするだけでも遠出な気持ちだ。 店を開けてから数年、随分幼い感覚になったものである。 遠出をするという事実に気持ちが昂り過ぎて持ってくるはずの小説を忘れてしまった。 少しどんよりとした雲を涼しい場所から眺めては、あの話の展開について思いを馳せる。 そんなことをしていると、両の眼から入ってくる情報は脳に届かずに体内で悲しく彷徨

善い人の生

良く"死ぬ時は良い人生だったなぁ"と思って逝きたいという話を聞く。 良い人生とは何か。店主はよくわからない。 多分、ずっとわからないのだと思う。そんな気がするのだ。 だから、店主は死ぬ時まで頑張った人生だったと思いながら逝きたい。 どれだけ辛い事があろうと、どれだけ人に笑われやうと、頑張り続けて終わりたい。 店主

Comments


bottom of page