top of page
検索
  • 執筆者の写真店主

ジ アウトサイダー

更新日:2019年10月23日

No Room For Squaresの冷やし珈琲は水出しでつくっている。

店内カウンター端にある水出し器が週に2-3回稼働し、4-5杯の水出しをゆっくりと。

水出し器と言っても大層な装置ではなく、上にある水瓶から点滴のように水を落とし、コーヒー豆を通して抽出するだけのものだ。

他にも遣りようがあったのだろうが、店主の好みでこうしている。


お昼、営業始めに抽出を開始してバータイムには終わるような形だが、その様子を見ていると非常に興味深い。




音楽に合わせて水瓶の水面が時にはゆっくりと、また時には激しく共鳴する。

まるで音楽に合わせて踊っているかのように。


お客がいない場合はこの水面の動きを見て選曲をしているのだが、意外と天邪鬼なようで私の思い通りには踊ってもらえない。


彼女と心を通わすのは4-5時間の内20分程が良いところである。

その少しの時間、水面が楽しそうに踊っていると店主も少し踊りたくなってしまう。


No Room For Squaresの床は板場だ。

試しに足を擦らせてみる。


ズザッ


良い音が鳴っている。

もう少し長くやろう。


ザーズッ


これまた小気味よい。

転びそうになるところを、もう片方の足を滑らせて何とか続けていく。

連続でやっていると不定形なリズムになっていく。


ズザザーツザッ ザッザッゥザ

ザドッ ドッッズザー


手も入れてみよう。

手を広げると回転に勢いが入り、良い音になる気がする。楽しい。



私は踊りの手解きを受けた事がない。

完全に内から出るモノのみで水面と踊る。

静けさの中に、音と水面と私でアウトサイダーアートを描くように。


勢いが増していく。この曲もそろそろ終わる。ドラムのソロを終え、ピアニストがテーマを弾き始めた。

さて、どうやって終わろうか。

勿論そのメソッドも何も私は知らない。



その時。

カチャリ と音が鳴った。

ゆっくり扉が開いていくのがわかる。


勢いがついた、その『アウトサイダーな何か』は急に止める事が出来ない。


扉が完全に開いた。

お客様と目が合う。

その目から困惑が見て取れる。


私は満面の笑みでこう言った。





【いらっしゃいませ】




店主


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10

25歳の時に、どうやっても人生が上手くいかず、もうやめようとしていた。 それも上手くいかず、どうしたものかと途方に暮れていた。 何も解決されないまま日々が過ぎ、一つ決め事を作った。 10年だけ、頑張ろう。 10年は遠い未来だ。そこまで頑張れば満足してゴールすることが出来るだろう。と思う事にした。 どれだけ大変な事があろうと、10年は這いつくばって人生に縋ろう。 25の時の絶望がちっぽけに思える程、

久方ぶりに遠出をする。 半径1キロ以内で生活している私にとっては乗り換え一つするだけでも遠出な気持ちだ。 店を開けてから数年、随分幼い感覚になったものである。 遠出をするという事実に気持ちが昂り過ぎて持ってくるはずの小説を忘れてしまった。 少しどんよりとした雲を涼しい場所から眺めては、あの話の展開について思いを馳せる。 そんなことをしていると、両の眼から入ってくる情報は脳に届かずに体内で悲しく彷徨

善い人の生

良く"死ぬ時は良い人生だったなぁ"と思って逝きたいという話を聞く。 良い人生とは何か。店主はよくわからない。 多分、ずっとわからないのだと思う。そんな気がするのだ。 だから、店主は死ぬ時まで頑張った人生だったと思いながら逝きたい。 どれだけ辛い事があろうと、どれだけ人に笑われやうと、頑張り続けて終わりたい。 店主

Comments


bottom of page